MAクリニックコラム
Medical Ace Clinic Column

お腹

2023.6.24

皮下脂肪はなかなか落ちない?その原因と対策を徹底解説

ダイエットを頑張っても、なかなかすっきりした体型にならない…。

そんな体験をしたことはありませんか?その原因は「皮下脂肪」にあります。

なぜ「皮下脂肪」が落ちにくいのでしょうか。その答えは、遺伝・生活習慣・年齢の要素に含まれています。それぞれの要素とどのような関わりを持ち、どう対策を立てるべきなのかを詳しく解説していきます。

皮下脂肪とは何か

皮下脂肪とは、文字通り私たちの皮膚の下に存在する脂肪のことを指します。体内の脂肪は大きく分けて皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があり、そのうちの一つがこの皮下脂肪なのです。

皮下脂肪の機能

皮下脂肪は我々の体で様々な役割を果たしています。その最も重要な機能の一つがエネルギーの蓄積です。食物から摂取したエネルギーは一部が即時に消費されますが、全てが使用されるわけではありません。残ったエネルギーは脂肪として貯蔵され、これが皮下脂肪となるのです。

次に、保温の役割です。皮下脂肪は体温を一定に保つための断熱材として機能し、寒い環境下では体を守ります。さらに、保護機能も持っています。体の骨や臓器を物理的な衝撃から守っているのです。

このように皮下脂肪は多くの重要な役割を果たしています。

皮下脂肪の正常な量

皮下脂肪の正常な量は、個々の体型や生活習慣・性別によっても変わります。

一般的には体重の15~25%を皮下脂肪が占めることが理想的とされます。それは、必要なエネルギー貯蔵量を確保し、体温の維持や保護機能を果たすには十分な量で、健康を維持するにはこの程度が必要なのです。

しかし、この値はあくまで目安であり、個々の体質や遺伝的な要素も考慮に入れるべきです。そのため、自分の体の状況をきちんと把握し、適切な皮下脂肪量を維持することが求められます

皮下脂肪が多いと起こる問題

皮下脂肪が多くなると、さまざまな健康問題が生じる可能性があります。その一つがメタボリックシンドロームです。この症状は体内の脂肪が多くなった結果、高血圧や糖尿病など多くの病気と関連しているのです。

また、皮下脂肪が多くなると体重増加を引き起こし、それが心臓疾患や腰痛・関節痛など身体的な負担を増加させる原因ともなります。さらに、ビジュアル面でも体形を崩し、見た目の美しさを損ねることもあります。

これらの理由から、皮下脂肪の適切な管理は健康維持のために非常に重要なのです。

「皮下脂肪が落ちない」原因

遺伝によって皮下脂肪の量や燃焼のしやすさが変わる

遺伝的な要素が皮下脂肪に影響を与えることは、多くの科学者たちによって認められています。これは、皮下脂肪の量や分布・燃焼しやすさなどが、それぞれの遺伝子によってあらかじめ決まっているからです。

遺伝子の影響を100%排除することは難しいですが、遺伝子の持つ傾向を理解し、その上で生活習慣を見直すことで、皮下脂肪を減らすことが可能です。遺伝というのは、その人が持って生まれた素質や特性を示すものであって、それが100%その人の運命を決めるわけではありません。

生活習慣が皮下脂肪に影響する

一方で、皮下脂肪と深く関連しているのが「生活習慣」です。食生活・運動習慣・睡眠時間・ストレスなど、日々の生活の中でどのように過ごしているかが、皮下脂肪に大きく影響を与えます。

特に食事は重要で、摂取カロリーがエネルギー消費量を上回ると、余ったエネルギーが脂肪として蓄積されます。また、運動不足や睡眠不足、ストレスが多い状態も、脂肪の蓄積を促進します。一方で、適度な運動とバランスの良い食事・十分な睡眠は、皮下脂肪の減少に繋がります。

生活習慣とダイエットの関わりは以下の記事を参考にしてください。

年齢を重ねると新陳代謝と筋肉量が落ちる

最後に、「年齢」も皮下脂肪に影響を与えます。一般的に、年齢を重ねることで新陳代謝が落ち、エネルギー消費量が減少します。これにより、同じ量の食事を摂っても、脂肪として蓄積しやすくなるのです

また、筋肉量の減少も見られ、これはさらに代謝を低下させます。しかし、歳を重ねることで必ず脂肪が増えるわけではありません。定期的な体力トレーニングで筋肉量を保つことや、食事量・内容を見直すことで、年齢とともに増加する皮下脂肪を抑えることが可能です。

皮下脂肪を落とすにはどうすべきか

皮下脂肪を落とすためには、食生活の改善・定期的な運動・適切な睡眠時間の確保といったライフスタイルの見直しが不可欠です。これらは皮下脂肪の蓄積を防ぎ、理想的な体型へと導くポイントであり、持続的に続けることが重要でしょう。

特定のエクササイズや食生活だけに焦点を当てるのではなく、これら全体がバランスよく組み合わさった習慣を身につけていきましょう。

なかなかライフスタイルを変えられないならば、脂肪冷却がオススメ

脂肪冷却とは

脂肪冷却は、脂肪細胞を冷却して破壊する方法です。

身体の脂肪分が凍って固まるくらいの低い温度で皮膚を冷却して、脂肪細胞のみを破壊することが期待できます。

破壊された脂肪細胞は老廃物として排出されるので復活することはありません。そのため、脂肪細胞を減らしてダイエット効果が狙える機器といえるでしょう。

ちなみに、当院でもオススメしているのは、この脂肪冷却です。

脂肪冷却することで約20%の脂肪細胞のみを減少させるので、

・リバウンドしにくい

・痩せたい部分だけ痩せられる

・体に負担が少なく、無理なく

というメリットがあります。約2~3ヶ月で大きな効果が期待できます。

食事量の制限ができていなくても、実際の脂肪量を減らせるので、高いダイエット効果が期待できます。

当クリニックでも、この脂肪冷却は特にオススメしています

脂肪冷却の効果をより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

MAクリニックの脂肪冷却は、今なら2部位19,800円で受けられる

施術するパーツや箇所数によって変動はしますが、各クリニックを調べて算出してみると、脂肪冷却の料金は1部位あたり約30,000円~50,000円程度が費用相場になります。

医療ダイエットの方法によっては、数十万もするような医療ダイエット施術も多いため、比較的安価に受けられます。

当クリニックでは、「まずは脂肪冷却の効果を実感してから、医療ダイエットをするかどうかを決めてほしい」という想いから、本来1部位で30,000円近くかかる脂肪冷却を、2部位19,800円で受けられるキャンペーンを実施中です。

先着50名様限定のキャンペーンなので、

「脂肪冷却を体験してみたい」

という方は、公式LINEで友だち追加してクーポンを発行して、早めに申し込んでください!

まとめ

皮下脂肪は、遺伝的要因・生活習慣・ストレス・睡眠不足などが原因で頑固になり、なかなか落ちないことがあります。しかし、バランスの取れた食事・定期的な運動・ライフスタイルの改善、ストレス管ができれば、この問題に取り組むことは確かに可能です。

しかし、環境やモチベーションによってはダイエットに取り組むのは難しいことがあります。その場合は脂肪冷却を含めた医療ダイエットを検討してみてください。

関連コラム Related Column

糖質制限ダイエットは危険?その理由とメリット・デメリット・リスクについて解説

2023.9.21

ダイエット方法

妊婦は部分痩せしても大丈夫?そのリスクと解決法について解説

2023.9.5

ダイエット方法

「脂肪冷却」と「脂肪溶解注射」のメリットとデメリットを徹底比較

2023.6.26

お腹

サウナで痩せたい人必見!サウナの効果的な使い方を解説

2023.8.21

ダイエット方法

ストレスで太るって本当?その仕組みを徹底解説

2023.6.26

お腹

筋肉を落とさず脂肪だけを落とすには?その方法を徹底解説

2023.6.25

お腹

なぜ有酸素運動で痩せられないのか?その特徴と対策を徹底解説

2023.6.24

ダイエット方法

脂肪冷却はリバウンドしない?その仕組みと効果を徹底解説

2023.6.26

お腹

なかなか痩せない?ダイエットで結果が出せない3つの要因

2023.6.26

お腹

「太りにくい体質」を手に入れるにはどうしたらいい?その特徴と効果的な方法を紹介

2023.6.26

ダイエット方法
コラム一覧へ
来院予約

MAクリニック 谷院

所在地東京都渋谷区道玄坂2-16-3
高葉屋ビル6階
アクセス東急東横線・渋谷駅 円山町方面1番出口より徒歩2分
診療時間平日 11:00〜20:00
土日祝 10:00〜19:00
電話番号03-6452-5137(クリニック直通)
0120-528-305(予約受付センター)