MAクリニックコラム
Medical Ace Clinic Column

ダイエット方法

2023.6.24

夜更かしすると太るのか?睡眠と体重の関係性について解説

夜更かしをすることで体重が増加する傾向があることはよく知られています。しかし、その具体的な理由については一般的には詳しく語られることは少ないです。睡眠時間の短縮という直接的な要因とそれに伴う食生活の影響という間接的な要因など、さまざまな要素が絡み合い、結果的に体重の増加につながるのです。

本記事では、その要因について詳しく解説していきます。

夜更かしすると太る原因

食事に関わるホルモンバランスが乱れる

夜更かしをすると一番初めに影響を受けるのが、ホルモンバランスの乱れです。

人間の体は、食事を摂る、睡眠をとるなどの生活習慣に応じて様々なホルモンを分泌します。特に、食欲に関係するホルモンであるレプチンとグレリンのバランスが乱れやすいのです。レプチンは満腹感を感じさせ、グレリンは食欲を増進させる役割を担っています。

夜更かしをすると、レプチンの分泌が減り、逆にグレリンの分泌が増えてしまいます。結果的に食欲が増え、ついつい食べ過ぎてしまうのです。そしてその結果、カロリーの摂取量が増えてしまい、太る原因となります。

活動エネルギーが減少する

次に、夜更かしすると活動エネルギー量が減少するという点も、夜更かしで太る原因です。

人間は適切な睡眠をとることで体力を回復し、活動エネルギーを蓄えます。しかし、夜更かしをして睡眠時間が減ると、体力の回復が十分に行われず、結果的に活動エネルギー量が減少し、消費カロリーが減ります

また、眠気により運動をする気力もなくなります。これにより、適切な運動量を確保できず、カロリー摂取>カロリー消費の状態になりがちで、太る原因になります。

時間がある夜中は間食を誘惑することが多い

最後に、夜更かしは間食を誘発する可能性があるという点も重要です。

夜更かしをすると、時間を持て余すことが多くなります。その結果、退屈さを紛らわすために何かしら食べ物に手を出してしまうことが多くなります。特に、夜遅くに食べる食事は消化が遅くなり、体内に長く留まる傾向があります。これが体脂肪の増加を誘発し、結果的に体重の増加につながるのです。

また、夜食や間食は栄養バランスが悪くなりがちで、偏った食事が増えると体重の増加に繋がりやすいのです。

夜更かしが太るメカニズム

夜更かしと体重との関連性は、一見奇妙に思えるかもしれませんが、実は深く結びついています。そのメカニズムを理解するためには、体内リズムのメカニズムとカロリー消費のメカニズムを理解する必要があります。

食事と体内リズムの関係性

まずは食事と体内リズムの関係を考えてみましょう。

我々の身体は24時間のリズムに従って、身体の各機能が最適に働く時間帯を持っています。このリズムはサーカディアンリズムと呼ばれ、夜間には身体は自然と休息モードに入るのです。逆に活動時間帯では、身体はエネルギーを消費するために食事を摂取しようとする傾向があります。このリズムが乱れると、食事の摂取時間も乱れます。夜更かしをすると、本来寝ているはずの時間帯に食事を摂る可能性が高くなり、それによって体重が増えるのです。また、夜更かしはストレスを増やし、それが食欲を増進させることもあります。

寝ている間のカロリー消費

次に、寝ている間のカロリー消費について説明します。

人間の身体は睡眠中も基礎代謝によりエネルギーを消費していきます。このエネルギーは、身体機能を維持したり、修復・再生するために使用されます。

一方、夜更かしをすると、身体が休息をとる時間が短くなり、基礎代謝が下がるために脂肪が溜まりやすくなります。また、睡眠不足により不規則な食事、過食に繋がる可能性もあります。不適切な食事や過食によって摂取したエネルギーは使われずに脂肪として身体に溜まってしまい、結果的に太ることにつながるのです。夜更かしを避けることで、体内リズムを整え、適切なカロリー消費を促すことができます。

なかなかライフスタイルを変えられないならば、脂肪冷却がオススメ

とはいっても、仕事が忙しい、なかなか寝付けないなどでライフスタイルをすぐに変えるのは無理かもしれません。

そんな方でも、医療ダイエットで脂肪に直接的にアプローチしていくことを痩せることができます。

その中でも当クリニックでは、脂肪冷却をオススメしています。

脂肪冷却とは

脂肪冷却は、脂肪細胞を冷却して破壊する方法です。

身体の脂肪分が凍って固まるくらいの低い温度で皮膚を冷却して、脂肪細胞のみを破壊することが期待できます。

破壊された脂肪細胞は老廃物として排出されるので復活することはありません。そのため、脂肪細胞を減らしてダイエット効果が狙える機器といえるでしょう。

ちなみに、当院でもオススメしているのは、この脂肪冷却です。

脂肪冷却することで約20%の脂肪細胞のみを減少させるので、

・リバウンドしにくい

・痩せたい部分だけ痩せられる

・体に負担が少なく、無理なく

というメリットがあります。約2~3ヶ月で大きな効果が期待できます。

食事量の制限ができていなくても、実際の脂肪量を減らせるので、高いダイエット効果が期待できます。

当クリニックでも、この脂肪冷却は特にオススメしています

脂肪冷却の効果をより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

なかなか取れない脂肪を排出⁉脂肪冷却の効果を徹底解説

MAクリニックの脂肪冷却は、今なら2部位19,800円で受けられる

施術するパーツや箇所数によって変動はしますが、各クリニックを調べて算出してみると、脂肪冷却の料金は1部位あたり約30,000円~50,000円程度が費用相場になります。

医療ダイエットの方法によっては、数十万もするような医療ダイエット施術も多いため、比較的安価に受けられます。

当クリニックでは、「まずは脂肪冷却の効果を実感してから、医療ダイエットをするかどうかを決めてほしい」という想いから、本来1部位で30,000円近くかかる脂肪冷却を、2部位19,800円で受けられるキャンペーンを実施中です。

先着50名様限定のキャンペーンなので、

「脂肪冷却を体験してみたい」

という方は、公式LINEで友だち追加してクーポンを発行して、早めに申し込んでください!

まとめ

夜更かしで太る原因とは主に、遅い時間帯の食事や活動による消化機能の低下から来るものです。深夜に食事をすることで、消化機能が低下しているために脂肪として蓄積されやすくなります。また、遅い時間に活動することで体内のリズムが乱れ、自然な眠りによる代謝機能が低下するという問題があるのです。

このような状況を解消するためには、ライフスタイルの見直しと、良い睡眠を心掛けることが大切となります。

ただ、ライフスタイルを変えることは容易ではありません。そんな方でも痩せられるように医療ダイエットが存在しています。気になる方は、一度医師のカウンセリングを受けられることを

関連コラム Related Column

妊婦は部分痩せしても大丈夫?そのリスクと解決法について解説

2023.9.5

ダイエット方法

防風通聖散ってなに?驚きの効果と副作用について紹介

2023.8.10

ダイエット方法

なかなか痩せない?ダイエットで結果が出せない3つの要因

2023.6.26

お腹

「脂肪冷却」と「脂肪溶解注射」のメリットとデメリットを徹底比較

2023.6.26

お腹

漢方のパワーで効果的なダイエットに?その効果と活用法・リスクを紹介

2023.7.28

ダイエット方法

【ダイエット】自力での部分痩せは難しい?その理由と徹底解説

2023.6.26

お腹

糖質制限ダイエットは危険?その理由とメリット・デメリット・リスクについて解説

2023.9.21

ダイエット方法

女性は太りやすい?その理由と男性とは異なる痩せる対策を徹底解説

2023.9.15

ダイエット方法

脂肪冷却で理想のボディラインを手に入れる!オススメ部位ごとの効果を紹介

2023.6.25

お腹

食事制限なしでダイエットは可能?効率的に痩せるための方法とは

2023.7.31

ダイエット方法
コラム一覧へ
来院予約

MAクリニック 谷院

所在地東京都渋谷区道玄坂2-16-3
高葉屋ビル6階
アクセス東急東横線・渋谷駅 円山町方面1番出口より徒歩2分
診療時間平日 11:00〜20:00
土日祝 10:00〜19:00
電話番号03-6452-5137(クリニック直通)
0120-528-305(予約受付センター)