MAクリニックコラム
Medical Ace Clinic Column

EMS

2023.6.23

EMS機器の医療用と家庭用の違いを徹底解説

EMSとは、医療やフィットネスの分野で注目を集めている技術です。これには、電気インパルスを使用して筋肉を刺激し、筋肉の強化・痛みの軽減・リハビリテーションなどのさまざまな利点を促進することが含まれます。入手可能なEMS デバイスには、医療グレードのEMSデバイスと家庭用EMSデバイスの 2 つの主なタイプがあります。この記事では、この2種類のEMS機器の主な違いや使い方、メリットなどを解説していきます。

EMSとは何か?

EMSは、専用機器を用いて人の体に微弱な電気を流し、筋肉の運動を誘発するという技術になります。身体に電流を流すなんて怖いと感じるかもしれませんが、EMSの電流は非常に微弱で安全性も確認されています。最近ではダイエットやリハビリ訓練、筋力強化など様々な用途で活用されています。

EMSの機能とは

EMSの仕組みを簡単に説明します。人間の筋肉は通常、脳から信号が送られることで収縮、つまり動くのです。これが自然な筋肉の動き方で、つまり「無意識の筋肉運動」になります。しかしEMSは、外部から電気刺激を送ることにより筋肉を収縮させます。これが「強制的な筋肉運動」になり、EMSを使用することで、日常生活の中で使いにくい筋肉や、普段鍛えにくい部位も鍛えることが可能になります

またEMSの大きな特徴として、「負荷を掛けずに筋力アップが可能」な点が挙げられます。人の筋肉は重力に抵抗して動くことで強くなるので、普段はダンベルやバーベルなどの重りを用いて筋肉を鍛えますが、EMSでは体への負荷を最小限に抑えつつ、筋肉の収縮を起こすことで筋力を向上させることができます。

EMSの効果とは

EMSは「負荷をかけず方筋力アップができる」や「普段使いづらい筋肉も鍛えられる」といった特性から、ダイエット効果が期待できます。

EMSの使用により、通常のトレーニングでは難しかった部位の筋肉も効果的に鍛えることが可能になります。また筋肉量が増えると基礎代謝もアップし、結果として脂肪燃焼効率も上がります。これはダイエットを目指す人にとって大きなメリットでしょう。

医療用EMSと家庭用EMSの主な違い

医療用EMSと家庭用EMSの違いは理解されていないことが多いです。それぞれがどのような特性を持ち、どのように利用されるべきなのかについて解説します。医療用と家庭用のEMSは、出力レベル・効果性において主な差異があります。

出力レベルと効果の違い

医療用EMSは、一般的に家庭用EMSよりも高い出力レベルが特徴です。この高出力のおかげで、深層筋まできちんと電気が届くため、筋肉を強制的に収縮させ、同時に脂肪細胞まで破壊できます。一方、家庭用EMSは安全性を確保するため、出力レベルが抑えられています。

よって、医療用EMSは医療ダイエットの一環として、高いダイエット効果が期待できます。

当クリニックで扱っている医療用EMSは、家庭用EMSと比べて48億倍ものパワーで筋肉へ作用することができるものです。

医療用と家庭用、それぞれどんな人にオススメ?

効果を確実に得たいなら、医療用EMSがオススメ

医療用EMSは、効果を確実に得たい人にオススメします。それは、筋力を高めるだけでなく、気になる部位のシェイプアップ・一般的な健康状態の維持に対する自信を強化することも可能です。医療用EMSのテクノロジーは、科学的に証明された方法で身体的な結果を達成するのを助けてくれます。したがって、自分の能力を最大限に引き出し、目標を効率的に達成したいと思う人々に対して、医療用EMSは一層効果を発揮することでしょう。

時間がかかっても手軽にやりたいなら、家庭用EMSがオススメ

家庭用EMSの特徴はなんといっても手軽さです。多忙な日々の中で健康状態への配慮を欠いてしまうことが多い現代人にとって、EMSは時間を気にせずに効果的な筋肉の刺激を施すことができます。パワーが弱く、ダイエットへの即効性は期待できないですが、家庭用EMSによる筋肉への刺激は、ストレス解消やリラクゼーションに役立つため、毎日のリフレッシュにも重宝できます。そういった側面からも、地道に手軽にダイエットを行いたい人にとって、家庭用EMSは最良の選択となるでしょう。

効果が高いダイエットなら、脂肪冷却がオススメ

脂肪冷却の効果

医療用EMSとともに効果が高い医療ダイエットとして、脂肪冷却が注目されています。

脂肪冷却は、脂肪細胞を冷やして破壊する医療ダイエットです。

「切らない脂肪吸引」とも呼ばれる脂肪冷却は、医療機器で痩せたい部位を皮膚の上から冷却して、凍らせた脂肪を体外に排出します。

凍った脂肪を老廃物として体外に少しずつ排出されることにより、脂肪減少によるダイエット効果が期待されます。

1回の施術で約20%の脂肪細胞を減少させるので、強いダイエット効果とリバウンド防止効果を得られると注目されています。

脂肪冷却の効果をより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

脂肪冷却の費用

施術するパーツや箇所数によって変動はしますが、各クリニックを調べて算出してみると、脂肪冷却の料金は1部位あたり約30,000円~50,000円程度が費用相場になります。

MAクリニックでは、「まずは脂肪冷却の効果を実感してから、医療ダイエットをするかどうかを決めてほしい」という想いから、本来1部位で30,000円近くかかる脂肪冷却を、2部位19,800円で受けられるキャンペーンを実施中です。

先着50名様限定のキャンペーンなので、

「脂肪冷却を体験してみたい」

という方は、公式LINEで友だち追加してクーポンを発行して、早めに申し込んでください!

まとめ

結論として、医療グレードの EMS デバイスと家庭用 EMS デバイスはどちらも、特定のニーズに応じて独自の利点を提供します。医療グレードのデバイスは医療用途に合わせて調整されており、専門家の監督が必要ですが、家庭用デバイスは一般的なフィットネス目的での利便性とアクセスしやすさを優先しています。EMS デバイスを使用する前に、目的を考慮し、必要に応じて医療専門家に相談し、安全かつ効果的に使用するために推奨されるガイドラインに従ってください。

関連コラム Related Column

メトホルミンは痩せる?ダイエット効果・副作用・正しい使用方法を説明

2023.6.21

GLP-1

夏はダイエットが難しい?その理由と勘違いしやすい落とし穴・対策を解説

2023.7.18

ダイエット方法

脂肪冷却で理想のボディラインを手に入れる!オススメ部位ごとの効果を紹介

2023.6.25

お腹

GLP-1ダイエットは痩せない?ありがちな失敗と注意すべき点を徹底説明

2022.7.26

GLP-1

脂肪冷却は部分痩せできる?効果とメリット・デメリットを解説

2022.7.26

医療ダイエット

カナグルの効果と仕組み・副作用を解説!食事制限は必要?

2023.6.23

GLP-1

脂肪吸引はリスクが高い?知っておくべきメリットとリスクを解説

2023.8.23

医療ダイエット

冬だからこそダイエットするのが正しい?その理由を徹底解説

2023.6.24

医療ダイエット

<脂肪冷却>施術時間・効果が出るまでの期間・ダウンタイム・費用について

2022.10.6

医療ダイエット

ダイエット外来って何するの?その具体的な治療法とメリットを解説

2023.9.4

医療ダイエット
コラム一覧へ
来院予約

MAクリニック 谷院

所在地東京都渋谷区道玄坂2-16-3
高葉屋ビル6階
アクセス東急東横線・渋谷駅 円山町方面1番出口より徒歩2分
診療時間平日 11:00〜20:00
土日祝 10:00〜19:00
電話番号03-6452-5137(クリニック直通)
0120-528-305(予約受付センター)