MAクリニックコラム
Medical Ace Clinic Column

GLP-1

2023.6.23

医療ダイエット薬の選び方を解説!サプリと何が違う?

ダイエットの方法は多岐に渡りますが、栄養摂取を見直す方法として、ダイエット薬とダイエットサプリが注目を浴びています。しかし、これら二つは同じダイエット補助品といえどもその役割や法律上の位置付け、使用方法には大きな違いがあります。

では具体的に、ダイエット薭とダイエットサプリの違いは何なのでしょうか。この記事では、それらの違いを具体的に解説していきます。

定義と特徴

ダイエット薬の定義と特徴

ダイエット薬には、食事制限や運動だけでは十分に減量できない方に対して、医師から処方されるものがあります。その主な成分は、食欲を抑制する物質や体内の脂肪の吸収を防ぐ物質が含まれています。

実際の使用例としては、医師の指導のもと病院などで処方される場合が多く、その効果は個人の体質や生活習慣に大きく影響されます。しかし、その反面、副作用のリスクもあるので十分な配慮が必要です。医療機関で体調管理をしながら服用することが一般的であり、使用には医師の診断が必要となります。

ダイエットサプリの定義と特徴

ダイエットサプリメントは、食事摂取を調整する際に役立つ製品です。主に健康食品として扱われ、食事から得られる栄養素の不足を補うのが主な目的です。製品によっては、ビタミンやミネラルも含まれていることもあります。

サプリメントは、医療機関でのチェックが必要なダイエット薬と違い、自己判断で購入・使用することができます。しかし、その分、自己責任で安全に利用する必要があります。また、運動や食事の見直しと並行して使用することでより効果を発揮します。

ダイエット薬とサプリの使い分け

ダイエットを成功させるために、ダイエット薬とダイエットサプリの使い分けが重要です。

ダイエット薬は医師の指導のもとに使用しなければならず、効果が出るまでの期間や体質による個別の効果が期待できます

一方、ダイエットサプリは自己判断で購入することができるため、気軽に試すことが可能です。しかし、あくまでサポートの役割が強いため、健康的な食生活や適度な運動と組み合わせることが大切です。その使用方法にもよりますが、目標に対する期間や自身の体質などを考慮しながら、自分に最適なものを選択することが大切です。

食事管理や運動だけでなく、ダイエット薬やサプリを上手く使い分けて、理想の体型を目指していきましょう。

有名なダイエット薬の種類と効果

体脂肪を落とすためには、適度な運動や食事の管理が基本ですが、それだけでは思うように体重が減らない場合にダイエット薬が役立つことがあります。さまざまな種類のダイエット薬が処方されているので、自分の体質や生活習慣に合った薬を選ぶことが重要です。そのためにも、その特性と効果、そして利用者の評価を理解することが求められます。

有名なダイエット薬の種類と特徴

ダイエット薬には大きく分けて、食欲を抑制する薬・脂肪の吸収を阻止する薬・代謝を促進する薬などがあります。

どのダイエット薬も、効果を最大限に引き出すためには、適度な運動やバランスのよい食事と併用することが推奨されています。

ダイエット薬の選び方

自分に合ったダイエット薬を選ぶためには、まず該当する薬の効果と副作用を理解することが必要です。また、生活習慣や体質、ダイエットの目標等を考慮に入れ、医師や薬剤師と相談することが推奨されます

例えば、食事量を減らすことが難しい人は食欲を抑える薬を、運動量が不足している人は代謝を上げる薬を選ぶと良いでしょう。

また、アレルギーや持病がある場合には、その薬剤成分に注意を払う必要があります。適切な選択をすることで、健康的なダイエットを実現できます。

より効果が高い医療ダイエットをするなら、脂肪冷却がオススメ

脂肪冷却とは

脂肪冷却は、脂肪細胞を冷却して破壊する方法です。

身体の脂肪分が凍って固まるくらいの低い温度で皮膚を冷却して、脂肪細胞のみを破壊することが期待できます。

破壊された脂肪細胞は老廃物として排出されるので復活することはありません。そのため、脂肪細胞を減らしてダイエット効果が狙える機器といえるでしょう。

ちなみに、当院でもオススメしているのは、この脂肪冷却です。

脂肪冷却することで約20%の脂肪細胞のみを減少させるので、

・リバウンドしにくい

・痩せたい部分だけ痩せられる

・体に負担が少なく、無理なく

というメリットがあります。約2~3ヶ月で大きな効果が期待できます。

食事量の制限ができていなくても、実際の脂肪量を減らせるので、高いダイエット効果が期待できます。

当クリニックでも、この脂肪冷却は特にオススメしています

脂肪冷却の効果をより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

MAクリニックの脂肪冷却は、今なら2部位19,800円で受けられる

施術するパーツや箇所数によって変動はしますが、各クリニックを調べて算出してみると、脂肪冷却の料金は1部位あたり約30,000円~50,000円程度が費用相場になります。

医療ダイエットの方法によっては、数十万もするような医療ダイエット施術も多いため、比較的安価に受けられます。

当クリニックでは、「まずは脂肪冷却の効果を実感してから、医療ダイエットをするかどうかを決めてほしい」という想いから、本来1部位で30,000円近くかかる脂肪冷却を、2部位19,800円で受けられるキャンペーンを実施中です。

先着50名様限定のキャンペーンなので、

「脂肪冷却を体験してみたい」

という方は、公式LINEで友だち追加してクーポンを発行して、早めに申し込んでください!

まとめ

薬でダイエットを成功させるためのコツは、長期戦覚悟で臨むことです。短期間でのダイエットはリバウンドの可能性が高く、健康を害することもあります。また、食事制限だけでなく、適度な運動も取り入れましょう。それとともに、ダイエット薬を上手く活用することも重要です。ここで重要なのは、あくまでもダイエット薬やサプリは補助的な役割だと理解することです。毎日の食生活や運動習慣を見直し、健康的なダイエットを心掛けていきましょう。

関連コラム Related Column

ダイエット注射とは?その種類と効果・注意点を解説

2023.9.1

医療ダイエット

【ダイエット】医療とエステの違いとは?メリットとデメリットを徹底比較

2022.7.26

ダイエット方法

「太りにくい体質」を手に入れるにはどうしたらいい?その特徴と効果的な方法を紹介

2023.6.26

ダイエット方法

冬だからこそダイエットするのが正しい?その理由を徹底解説

2023.6.24

医療ダイエット

医療ダイエットの保険適用条件と平均費用について解説

2023.9.22

医療ダイエット

脂肪冷却は危険?副作用と安全性について徹底解説

2022.7.26

医療ダイエット

脂肪冷却でセルライトは解消できる?その仕組みと理由を解説

2023.6.25

セルライト

ダイエット外来って何するの?その具体的な治療法とメリットを解説

2023.9.4

医療ダイエット

【ダイエット】自力での部分痩せは難しい?その理由と徹底解説

2023.6.26

お腹

医療ダイエットの効果と種類を徹底解説!エステダイエットと何が違う?

2022.7.26

EMS
コラム一覧へ
来院予約

MAクリニック 谷院

所在地東京都渋谷区道玄坂2-16-3
高葉屋ビル6階
アクセス東急東横線・渋谷駅 円山町方面1番出口より徒歩2分
診療時間平日 11:00〜20:00
土日祝 10:00〜19:00
電話番号03-6452-5137(クリニック直通)
0120-528-305(予約受付センター)