MAクリニックコラム
Medical Ace Clinic Column

GLP-1

2023.6.23

カナグルの効果と仕組み・副作用を解説!食事制限は必要?

カナグルは、第二型糖尿病の治療として用いられる薬の一つです。

そんなカナグルは近年、”ダイエットに効果的な薬”として注目されています。その効果や安全性を考慮され、医療痩身クリニックで処方されることも多いです。

本記事では、カナグルの効果とメカニズム、安全性について説明していきます。

カナグルの効果・仕組み・メリット

カナグルの効果

カナグルの主な作用は、体内に溜まった余分な糖質を排出することです。尿中へと糖を排出させて血糖値を下げるという働きをしてくれます。

ご存じの通り、糖質はダイエットの敵です。この糖質を排出する作用によって、体重減少を手伝ってくれます。

また、糖尿病の治療薬としては珍しく、血中のインスリンに頼らずに行う点が注目されています。さらに患者の生活習慣に大きな影響を与えることなく治療を進めることが可能であり、その便利さから多くの医療機関で使用されています。

カナグルの仕組みとメリット

カナグルは、腎臓に存在するSGLT2という糖尿物質を阻害する働きを持っています。通常、腎臓は尿として排出する前に血中の糖を再吸収しますが、カナグルはこの再吸収を防ぎ、尿として余分な糖を排出するのです。

これにより、血糖値が下がり、体重減少や高血圧の改善などの効果があるのです。

カナグルのメリットは、食事療法や運動療法に対する依存度が低く、インスリン補充治療と比較しても低血糖のリスクが少ないといったことにあります。適切な用量で服用すれば、体重減少の効果もあることが立証されています。

また、尿中へと糖を排出する作用により、高血圧の改善や腎臓への負担軽減などの複合的な効果もあるのです。

食事制限は必要ないのか?

「糖分を排出してくれるということは、食事制限は必要ないのか?」なんて勘違いもされそうですが、適度な食事制限は必要です。

カナグルを飲むだけでももちろん有効ですが、同時に食事の内容にも気をつけることで、より効果的な痩身を実現できます

カナグルは食事の前に摂ることで、食事で摂取した糖質の吸収を抑える効果がありますが、それでも過剰なカロリー摂取は体重増加につながるでしょう。そのため、カナグルを飲みながらヘルシーな食事を心がけることが重要です。

副作用はあるのか?

カナグルを使用する際には、その副作用に十分に注意することが求められます。この薬が引き起こす可能性のある副作用としては、頻尿・低血糖・カリウム値低下などが一般的です。

頻尿は、排尿量の増加、夜間尿回数の増加という問題を引き起こすことがあるのです。長時間の車の運転や外出先でトイレの利用が難しい場合などは、そのリスクが増大します。

低血糖症は、おなかがすく・手足がふるえる・息切れがする・息が臭いと言った症状が現れます。

さらに、カリウム値の低下に注意が必要であり、疲れやすさ・筋肉の弱さ・便秘などの症状が起こることがあります。これらの副作用の発生には個人差があることを理解することが大切です。

こういった副作用を起こさないために、医師の指導が必要になります。

安全にカナグルを使うためには?

カナグルを安全に使用するためには、まず医師の指導をしっかりと受けることが重要です。副作用のリスクを十分に理解し、定期的に医師の診察を受けて体調を確認することが求められます。

また、自身の体調や症状の変化に敏感であることも大切です。具体的には、頻尿や低血糖・カリウム値の低下といった症状が現れた場合にはすぐに医師に相談するようにしましょう。

そして、薬の服用時間や量をきちんと守ること、健康的な生活習慣を保つこと、適度な運動を行なうことなどが効果的です。

以上の対策を講じることにより、カナグルをより安全に使用することが可能になります。

なかなかライフスタイルを変えられないならば、脂肪冷却がオススメ

脂肪冷却とは

脂肪冷却は、脂肪細胞を冷却して破壊する方法です。

身体の脂肪分が凍って固まるくらいの低い温度で皮膚を冷却して、脂肪細胞のみを破壊することが期待できます。

破壊された脂肪細胞は老廃物として排出されるので復活することはありません。そのため、脂肪細胞を減らしてダイエット効果が狙える機器といえるでしょう。

ちなみに、当院でもオススメしているのは、この脂肪冷却です。

脂肪冷却することで約20%の脂肪細胞のみを減少させるので、

・リバウンドしにくい

・痩せたい部分だけ痩せられる

・体に負担が少なく、無理なく

というメリットがあります。約2~3ヶ月で大きな効果が期待できます。

食事量の制限ができていなくても、実際の脂肪量を減らせるので、高いダイエット効果が期待できます。

当クリニックでも、この脂肪冷却は特にオススメしています

脂肪冷却の効果をより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

クリニックの脂肪冷却は、今なら2部位19,800円で受けられる

施術するパーツや箇所数によって変動はしますが、各クリニックを調べて算出してみると、脂肪冷却の料金は1部位あたり約30,000円~50,000円程度が費用相場になります。

医療ダイエットの方法によっては、数十万もするような医療ダイエット施術も多いため、比較的安価に受けられます。

当クリニックでは、「まずは脂肪冷却の効果を実感してから、医療ダイエットをするかどうかを決めてほしい」という想いから、本来1部位で30,000円近くかかる脂肪冷却を、2部位19,800円で受けられるキャンペーンを実施中です。

先着50名様限定のキャンペーンなので、

「脂肪冷却を体験してみたい」

という方は、公式LINEで友だち追加してクーポンを発行して、早めに申し込んでください!

まとめ

カナグルは体内の糖質を排出する作用から、痩せる効果が薬です。ただし、食事管理や適度な運動を行うことで、より効果を発揮するものです。

また、飲みすぎたりするのは危険です。必ず医師の指導を経て使用するようにしましょう。

関連コラム Related Column

漢方のパワーで効果的なダイエットに?その効果と活用法・リスクを紹介

2023.7.28

ダイエット方法

「太りにくい体質」を手に入れるにはどうしたらいい?その特徴と効果的な方法を紹介

2023.6.26

ダイエット方法

GLP-1ダイエットは痩せない?ありがちな失敗と注意すべき点を徹底説明

2022.7.26

GLP-1

なぜ有酸素運動で痩せられないのか?その特徴と対策を徹底解説

2023.6.24

ダイエット方法

ダイエット外来って何するの?その具体的な治療法とメリットを解説

2023.9.4

医療ダイエット

脂肪冷却は部分痩せできる?効果とメリット・デメリットを解説

2022.7.26

医療ダイエット

脂肪冷却でセルライトは解消できる?その仕組みと理由を解説

2023.6.25

セルライト

医療ダイエット薬の選び方を解説!サプリと何が違う?

2023.6.23

GLP-1

リベルサスで痩せない人の原因と他の解決法を紹介

2023.6.23

GLP-1

メトホルミンは痩せる?ダイエット効果・副作用・正しい使用方法を説明

2023.6.21

GLP-1
コラム一覧へ
来院予約

MAクリニック 谷院

所在地東京都渋谷区道玄坂2-16-3
高葉屋ビル6階
アクセス東急東横線・渋谷駅 円山町方面1番出口より徒歩2分
診療時間平日 11:00〜20:00
土日祝 10:00〜19:00
電話番号03-6452-5137(クリニック直通)
0120-528-305(予約受付センター)