MAクリニックコラム
Medical Ace Clinic Column

GLP-1

2023.6.21

メトホルミンは痩せる?ダイエット効果・副作用・正しい使用方法を説明

メトホルミンは、本来は糖尿病の治療薬として知られています。しかし、その効果から、体重管理における利用価値が認められています。そのため、ダイエット目的での使用も存分に可能なのです。

しかし、その効果を最大限に引き出すためには、適正な使用方法が必要となります。本記事では、メトホルミンで安全に、そして効果的に痩せる方法を紹介します。

メトホルミンのダイエット効果

メトホルミンの一般的な用途

前述の通り、メトホルミンは医薬品の一つで、主に糖尿病の治療に使用されます。すなわち、血糖値のコントロールを目的に、体が自然にインスリンをより効果的に使用することを助ける薬であると言えるでしょう。そのメカニズムは主に肝臓に作用し、血中のグルコース(糖分)の生成を抑制し、筋肉や肝臓におけるインスリンの効果を高めることにあります。

メトホルミンによるダイエット効果

メトホルミンは、血糖値を下げる作用がありますが、それはインスリンの抵抗性を減らすことで実現されます。こうした作用から、体重が減少するとされています。

食事によって摂取された糖分を、体内の筋肉が効率的に消費できるようになるからです。つまり、必要以上に脂肪を蓄積することが少なくなるので、体重は減ります。また、メトホルミンは食欲を抑制する効果もあるとされています。これらの影響により、メトホルミンは体重を減らす助けとなります。

メトホルミンの副作用と注意点

糖尿病の治療薬として知られるメトホルミンは、インスリン抵抗性の緩和や血糖値の安定を助けます。しかし、その働きを理解しながらも、副作用や適用外の人々についての知識が不足していると、健康上の危険を招くこともあります。以下、詳しく解説していきます。

メトホルミン使用時の一般的な副作用

メトホルミンを服用すると、一部の人々には副作用が出ることがあります。その内容は多岐にわたり、腹部の不快感や下痢、食欲不振、吐き気といった具体的な症状が見られることが多いです。また、特に治療開始直後や用量が上がった際には、一時的にこれらの副作用が強く出ることがあるのです。長く服用していると、体が薬に慣れて症状が軽減する場合もあります。しかし、副作用が重い場合や持続する場合は、医師に相談することが重要です。

メトホルミンの長期使用によるリスク

長期間メトホルミンを使用していると、B12ビタミンの欠乏や乳酸アシドーシスという重篤な副作用が発生する可能性があります。B12ビタミン欠乏症は、貧血・神経障害・記憶力の低下などを引き起こすことがあります。乳酸アシドーシスは、酸性物質である乳酸が体内にたまって危険な状態になる病態で、服用を続けることでリスクが上がります。これらのリスクを把握し、定期的な健康チェックや医師との信頼関係をもって安全にメトホルミンを服用することが大切です。

メトホルミン使用を避けるべき人

すべての人がメトホルミンを安全に使用できるわけではありません。特に、腎臓の機能に問題がある人・肝疾患・心臓病を持つ人・慢性的なアルコール中毒の人・重大な感染症や衰弱状態の人は使用を避けるべきでしょう。

また、手術や検査前の絶食時や斑点浮腫(脱水状態)の人にも注意が必要です。自分が該当するおそれがある場合は、必ず医師に報告し、適切な医療指導を受けていただきたいと思います。

メトホルミンを使用した正しいダイエット方法

ダイエットにおけるメトホルミンの使用は、その適切な使用法や、服用タイミング、食事との関連性、それと共に運動の重要性さえ理解していれば、効果的な結果が見込めると言えるでしょう。以下、詳しく説明していきます。

メトホルミンの適切な使用方法

まず、服用の際は1日の総量を複数回に分けて摂取するようにしましょう。1日1回の大量摂取よりも、分割摂取により血糖の安定化が図られ、脂肪の蓄積が抑制されます。また、適切な用量を医師と相談することも必要です。

メトホルミンの服用タイミングと食事の役割

メトホルミンの服用タイミングも重要な要素となります。食事の直後がベストとされています。これは、食事によって上がった血糖値をメトホルミンが効率的に下げることで、適切な血糖管理が可能となるからです。加えて、食事の内容も大きく影響します。バランスの取れた食事を心掛け、脂質や糖質の過剰な摂取は避けるようにしましょう。これにより、メトホルミンの効果を十分に発揮することが可能となります。

メトホルミン使用時の運動の重要性

メトホルミンの服用とそれに合わせた適度な運動もダイエットにおいて重要となります。メトホルミンは血糖値を下げる効果がありますが、運動によっても血糖値はコントロール可能です。

運動による筋肉の働きで脂肪の燃焼が促進され、血糖値の安定化に寄与するのです。また、運動は筋肉量を増やし、基礎代謝をアップさせる効果もございます。したがって、メトホルミンを服用しながら運動習慣を持つことで、ダイエット効果をより高めることが可能となるでしょう。

食事管理と運動が厳しいならば、脂肪冷却がオススメ

脂肪冷却とは

脂肪冷却は、脂肪細胞を冷却して破壊する方法です。

身体の脂肪分が凍って固まるくらいの低い温度で皮膚を冷却して、脂肪細胞のみを破壊することが期待できます。

破壊された脂肪細胞は老廃物として排出されるので復活することはありません。そのため、脂肪細胞を減らしてダイエット効果が狙える機器といえるでしょう。

ちなみに、当院でもオススメしているのは、この脂肪冷却です。

脂肪冷却することで約20%の脂肪細胞のみを減少させるので、

・リバウンドしにくい

・痩せたい部分だけ痩せられる

・体に負担が少なく、無理なく

というメリットがあります。約2~3ヶ月で大きな効果が期待できます。

食事量の制限ができていなくても、実際の脂肪量を減らせるので、高いダイエット効果が期待できます。

当クリニックでも、この脂肪冷却は特にオススメしています

脂肪冷却の効果をより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

クリニックの脂肪冷却は、今なら2部位19,800円で受けられる

施術するパーツや箇所数によって変動はしますが、各クリニックを調べて算出してみると、脂肪冷却の料金は1部位あたり約30,000円~50,000円程度が費用相場になります。

医療ダイエットの方法によっては、数十万もするような医療ダイエット施術も多いため、比較的安価に受けられます。

当クリニックでは、「まずは脂肪冷却の効果を実感してから、医療ダイエットをするかどうかを決めてほしい」という想いから、本来1部位で30,000円近くかかる脂肪冷却を、2部位19,800円で受けられるキャンペーンを実施中です。

先着50名様限定のキャンペーンなので、

「脂肪冷却を体験してみたい」

という方は、公式LINEで友だち追加してクーポンを発行して、早めに申し込んでください!

まとめ

結論として、メトホルミンは健康的で持続可能な減量を達成するための貴重なツールとなり得ます。バランスの取れた食事、定期的な運動、適切な医師の監督と組み合わせて使用​​すると、全体的な健康状態に貢献します。ただし、新しい投薬や減量計画を開始する前に、それがあなたの特定のニーズに適切であることを確認するために医療専門家に相談することが重要です。

関連コラム Related Column

ダイエット注射とは?その種類と効果・注意点を解説

2023.9.1

医療ダイエット

【ダイエット】医療とエステの違いとは?メリットとデメリットを徹底比較

2022.7.26

ダイエット方法

脂肪吸引はリスクが高い?知っておくべきメリットとリスクを解説

2023.8.23

医療ダイエット

脂肪冷却で理想のボディラインを手に入れる!オススメ部位ごとの効果を紹介

2023.6.25

お腹

脂肪冷却でセルライトは解消できる?その仕組みと理由を解説

2023.6.25

セルライト

漢方のパワーで効果的なダイエットに?その効果と活用法・リスクを紹介

2023.7.28

ダイエット方法

なぜ有酸素運動で痩せられないのか?その特徴と対策を徹底解説

2023.6.24

ダイエット方法

GLP-1ダイエットとは?その効果と最適な活用法を紹介

2023.6.23

GLP-1

医療ダイエットの保険適用条件と平均費用について解説

2023.9.22

医療ダイエット

冬だからこそダイエットするのが正しい?その理由を徹底解説

2023.6.24

医療ダイエット
コラム一覧へ
来院予約

MAクリニック 谷院

所在地東京都渋谷区道玄坂2-16-3
高葉屋ビル6階
アクセス東急東横線・渋谷駅 円山町方面1番出口より徒歩2分
診療時間平日 11:00〜20:00
土日祝 10:00〜19:00
電話番号03-6452-5137(クリニック直通)
0120-528-305(予約受付センター)