MAクリニックコラム
Medical Ace Clinic Column

お腹

2023.6.25

筋肉を落とさず脂肪だけを落とすには?その方法を徹底解説

「どうすれば筋肉を落とさずに脂肪を減らすことができるだろうか?」というテーマはついては、ダイエットを語るうえで必ずついて回ります。減量は多くの人にとって共通の目標ですが、脂肪の減少と筋肉の減少の違いを理解することが重要です。この記事では、このトピックについて詳しく説明します。

脂肪だけを落とす方法とは

理想的な体型の作り方には、さまざまな方法がありますが、その根本には「筋肉と脂肪の関係性」、「脂肪を落として筋肉を維持する重要性」、「最適な筋トレの方法」の理解が必要です。これらを扱うことで、思い描く体型へ快適に近づけるのです。

筋肉と脂肪の関係性

筋肉と脂肪は、体型作りにおいて密接な関係性があります。筋肉はエネルギー消費量を上げて脂肪を燃焼させる効果があります。一方、脂肪は余分なエネルギーを蓄える働きがあります。

したがって、筋肉を増やしエネルギー消費を高めることで、脂肪を減らす効果が期待できます。ただし、筋肉を増やすためには、適切なトレーニングと栄養補給が必要です。特に、プロテインは筋肉の源であるため、適度な摂取が大切なのです。

脂肪落とし&筋肉維持の重要性

理想的な体型作りにおいては、脂肪落としと筋肉維持のバランスが重要です。極端な食事制限をすると、脂肪だけでなく筋肉もロスしてしまう可能性があります。筋肉を維持するためには、タンパク質をしっかりと摂ることがポイントになります。

また、体力を適切に回復させるための十分な休養も大切です。食事・運動・休養の三つのバランスをうまく取りながら管理する必要があるため、非常に難しいのです。

最適な筋トレとは

体型作りにおける最適な筋トレとは、全身をバランス良く鍛えることです。特定の部位だけを鍛えると、筋力バランスが崩れ、怪我を引き起こす原因となります。また、筋トレは重量だけでなく、正確なフォームと回数も大切です。

また、トレーニング後は十分な休養と、筋肉を回復させる栄養の摂取が必要です。全体的なバランスを考慮した筋トレが、理想的な体型作りにつながるのです。

食事の管理で脂肪燃焼をするには

毎日の食事は、筋肉を作りながら脂肪を燃焼させるための重要なエネルギー源となります。しかし、それぞれの目的に応じて適切な食事の摂取方法があるのです。

この記事では、プロテインの正しい摂取法、脂肪燃焼に最適な食事バランス、そして間食が筋肉維持にどのような影響を及ぼすのかを詳しく解説していきます。

プロテインの正しい摂取方法

プロテインは筋肉を作るための重要な栄養素です。しかし、ただ摂取すれば良いというわけではありません。体が一度に吸収できるプロテインの量は一定で、大量に摂取しても余分な部分は脂肪として蓄積されてしまいます。

適切な摂取量は体重の1kgあたり1.2~1.5gとされています。運動をする前後に摂取することで効率的な筋肉生成に繋がるでしょう。また、一度に大量に摂取するのではなく、一日の食事に均等に取り入れることが望ましいです。

間食は筋肉維持の敵

間食はカロリーオーバーにつながり、脂肪を蓄積しやすくなります。特に砂糖分の多い飲食物はインスリン分泌を促し、これが脂肪の蓄積を助けてしまいます。

しかし、間食が全くダメというわけではありません。体のエネルギー供給を安定させるため、食間にプロテインを摂取することは筋肉維持に寄与し、腹持ちも良くなるでしょう。摂取カロリーを管理しながら、適度な間食を心掛けることが重要です。

最初に落ちるのは筋肉?脂肪?

ダイエットを始めると、最初に体重が落ちるのは筋肉?それとも脂肪?と疑問に思う人も多いでしょう。筋肉は脂肪よりも重く、短期間で筋トレを頑張っても脂肪が落ちにくいことが一般的です

では、なぜダイエットを始めると筋肉が減るのか、どの程度の期間を保てば筋肉が維持できるのか、また脂肪が落ち始めるタイミングはいつなのか、この疑問を解き明かしていきます。

ダイエット初期の体重変動

ダイエットを始めたばかりの人が最初に結果として得るのは、体重の減少です。しかし、この体重減は、筋肉が減ることが主な原因でしょう。これは、体がエネルギーを必要とすると、最初に筋肉からエネルギーを引き出すためです。具体的には、筋肉の中でグライコーゲンと呼ばれる糖質がエネルギーとなるのです。しかし、グライコーゲンは水分を大量に含んでいるため、これが使われると体重が減少するというわけなのです。

また、食事制限をすることで摂取カロリーが減った場合、体は筋肉を作るためのたんぱく質をエネルギー源として使い始めます。その結果、筋肉が減り体重が落ちるのです。

筋肉維持にはどれくらいの時間が必要?

筋肉を維持するためには、定期的な運動と適切な栄養摂取が不可欠です。しかし、具体的にどういった周期で筋トレをするべきなのでしょうか。

一般的に、筋トレをした翌日には筋肉が生成され、3日後にピークを迎えます。その後、1週間程度で筋肉の生成は頭打ちとなり、新たに筋肉が作られない限り、筋肉は徐々に減っていきます。したがって、筋肉を維持するには、一週間に一度以上のペースで筋トレを行うことが理想的でしょう。

さらに筋肉は、運動しない時間帯の睡眠時にも落ちてしまいます。したがって、適切な睡眠と栄養補給が筋肉維持の重要な要素であるといえます。

脂肪が落ち始めるタイミング

脂肪が落ち始めるタイミングは、個々の生活習慣や体質により異なりますが、一般的にはダイエットを始めて1週間から2週間程度で落ち始めると言われています。

しかし、その前提は、筋肉を維持しながら適度なカロリー摂取を続け、定期的に適切な有酸素運動を行うということです。有酸素運動中は、脂質がエネルギー源として使われます。この時点で脂肪燃焼が始まるのです。

ダイエットの成功の鍵は、脂肪を落としながら筋肉を維持し、基礎代謝量を落とさずに、健康的な体作りをすることにあると言えます。

脂肪だけを落としたいならば、脂肪冷却がオススメ

脂肪冷却とは

脂肪冷却は、脂肪細胞を冷却して破壊する方法です。

身体の脂肪分が凍って固まるくらいの低い温度で皮膚を冷却して、脂肪細胞のみを破壊することが期待できます。

破壊された脂肪細胞は老廃物として排出されるので復活することはありません。そのため、脂肪細胞を減らしてダイエット効果が狙える機器といえるでしょう。

ちなみに、当院でもオススメしているのは、この脂肪冷却です。

脂肪冷却することで約20%の脂肪細胞のみを減少させるので、

・リバウンドしにくい

・痩せたい部分だけ痩せられる

・体に負担が少なく、無理なく

というメリットがあります。約2~3ヶ月で大きな効果が期待できます。

食事量の制限ができていなくても、実際の脂肪量を減らせるので、高いダイエット効果が期待できます。

当クリニックでも、この脂肪冷却は特にオススメしています

脂肪冷却の効果をより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

MAクリニックの脂肪冷却は、今なら2部位19,800円で受けられる

施術するパーツや箇所数によって変動はしますが、各クリニックを調べて算出してみると、脂肪冷却の料金は1部位あたり約30,000円~50,000円程度が費用相場になります。

医療ダイエットの方法によっては、数十万もするような医療ダイエット施術も多いため、比較的安価に受けられます。

当クリニックでは、「まずは脂肪冷却の効果を実感してから、医療ダイエットをするかどうかを決めてほしい」という想いから、本来1部位で30,000円近くかかる脂肪冷却を、2部位19,800円で受けられるキャンペーンを実施中です。

先着50名様限定のキャンペーンなので、

「脂肪冷却を体験してみたい」

という方は、公式LINEで友だち追加してクーポンを発行して、早めに申し込んでください!

まとめ

結筋肉を落とさずに脂肪を減らすには、適切な栄養・筋力トレーニング・休息の微妙なバランスが必要です。正しい知識を得て、継続することで、ダイエットの目標を達成することができます。

ただし、正しい知識を得て継続しない限り、筋肉を維持して脂肪のみを減らすことは非常に難しいと言えます。実行が困難だと感じた方は、脂肪冷却を検討してみてはいかがでしょうか?

関連コラム Related Column

腸活ダイエットは痩せる?その仕組みとメリット・リスクを徹底解説

2023.6.26

お腹

断食はなぜ危険?メリットとデメリットを含めた危険性について徹底解説

2023.6.24

ダイエット方法

皮下脂肪はなかなか落ちない?その原因と対策を徹底解説

2023.6.24

お腹

【ダイエット】自力での部分痩せは難しい?その理由と徹底解説

2023.6.26

お腹

糖質制限ダイエットは危険?その理由とメリット・デメリット・リスクについて解説

2023.9.21

ダイエット方法

脂肪冷却はリバウンドしない?その仕組みと効果を徹底解説

2023.6.26

お腹

サウナで痩せたい人必見!サウナの効果的な使い方を解説

2023.8.21

ダイエット方法

二の腕痩せしたいなら脂肪冷却がおすすめ!その理由と効果について解説

2023.6.25

ダイエット方法

脂肪冷却で理想のボディラインを手に入れる!オススメ部位ごとの効果を紹介

2023.6.25

お腹

冬は痩せやすい?なのに太ってしまう人が多い理由と上手な対策を徹底解説!

2023.6.24

ダイエット方法
コラム一覧へ
来院予約

MAクリニック 谷院

所在地東京都渋谷区道玄坂2-16-3
高葉屋ビル6階
アクセス東急東横線・渋谷駅 円山町方面1番出口より徒歩2分
診療時間平日 11:00〜20:00
土日祝 10:00〜19:00
電話番号03-6452-5137(クリニック直通)
0120-528-305(予約受付センター)